クリーニング店を選ぼう

今日は暖かい一日の福岡でした。 衣替えが始まりましたね☆ 今週だけでご新規様から ・デラックスで出したのに白がくすんだ ・ふっくらしてたのにペチャンコになった ・セーターが縮んで返ってきた とクリーニングトラブルの相談を受けました クリーニングトラブルの上位 ・変色 ・風合いの悪化 ・縮み これらの原因はドライクリーニングによるもの… 「汚れた溶剤で洗っているから」です。 日本にある殆どのクリーニング店は同じような機械で洗っています。 だからメンテナンスの頻度により溶剤品質の良し悪しが変わるぐらいです。 「クリーニングはどこも同じでしょ」 と辛い言葉を言われます。 終いには 「クリーニングに出すより自分で洗った方がキレイになる」 とまで消費者に言われるクリーニング業界。 でも、そのお店を選んだのはお客様。 なぜそこを選んだの? 「近いから」 飲食で例えると、近くにある安くてマズい店のフルコース(デラックス)を注文しますか? お店の具材や機材は変わりませんよ。 経営者、従業員の想いもそうです。 想いがあって品質です。 当店はお客様に 「清潔で美しい

カビ菌から衣類と健康を守るクリーニング

「クリーニングに出してたのに仕舞ってる間にカビが生えた」 って事はありませんか? 今回の事例は数年もの間、クローゼットの奥で気付かなかったという商品です カビ菌の胞子は空気中に舞っていて、「気温・湿度・酸素・栄養源」で繁殖します カビが生えた衣類を預かると、口の中が気持ち悪くなります そう、カビ菌を吸っているんです 洗浄試験用のサンプルを古着屋さん(大量に在庫を抱えるお店)に買いに行った際も同じ様になりました 目に見えてカビが生えてる、見えなくてもカビは繁殖している、店内という密室、どちらにしても古着屋さんは健康に良くないと実感しました(マスクをしてまで買い物する方も居ました) 住まいの環境でどうしてもカビが生えてしまう事もあるので一概には言えませんが、除湿して通気性を良くするだけでも違うと思いますので、クリーニング店のビニールは外して仕舞いましょう 素材はウール100%という事はタンパク質なので栄養源にもなります これにシミが残っていたら更に栄養源になりますね だからクリーニングが重要! 前回のようなドライクリーニングをしていると、カビが生える